記事一覧

あの芥川賞作家もびっくり 驚愕のオンラインカジノ

限りなく透明に近いオンラインカジノ

それではマイニングの結果です。まずはサトマイナーこちら現在161118枚掘れています。あと4~5日で20万枚に達しそこで引き出せればなんと利率が210パーセントになります。掛額は低いですが今までで最強の案件です。ワームマイナーは0.00835ロットの上がりで、これは0.0085ロットになったらさすがに手数料分が浮くと思うのでそれで引き出しだめなら終了です。ここは結局去年作ったものなので報酬経路が厳しいです。今年何故この投資が好転したかと言うと全てがブレイブのブラウザのおかげです。BTCスウィートは現在1.16ドル掘れています。ここは5000円しか入れていませんが、今年一杯くらいで換金できる10ドルにいければなと思います。マインパッチは8.85ドル掘れています。ここは12ドルくらいになったら利確します。BITAEONは終了しました。今回の暴騰が大きな引き金ですがそれがなければ普通に長く続いてたはずです。このわらしべ投資は価格が暴落時と暴騰した時に煽りを食らうのが非常に弱い所です。利率は結局110パーセントで投資が4000円で6000円程の利益が出ました。価格変動もありますがロット的にはこういう感じで、今回こういう結果が出せて非常に良かったと思います。いややったことがない人が偽物呼ばわりするのでそれの証明にもなります。ハッシュパワーファクトリーは0.0082ロット上がってて、あと25日くらいで引き出せる0.01ロットになります。あとフリービットコインの攻略ですがある程度0.001ロット以上入金して、リワードから1回の報酬増加とポイントの2つをアップさせます。この時多くのポイントを使うとすぐなくなるので下の方か中くらいで止めておきます。ポイントの消費と稼ぎの比率をうまく利用して長い事報酬アップを続けられればよいのではと思います。尚このポイント自体を増やす方法は分かりませんが、自分だとこの賭けに結構チャレンジしててそれで回数負けると多く貰えるようです。もし多く負けた人が居たらまずポイントを確認してこの方法を取ってみるのも一つの手です。ストアハッシュのドージは911ハッシュの719枚の保有です。ミゼスのドージは415枚保持です。UIBITBTCは表示されなくなりました。ここはドージワークスから派生したBTCの案件で、偽物であることは投資した後に気づきましたがだが時すでに遅しです。12000円くらいの大勝負をして失いました負けです。状況的には運営がもう偽物がいられないようになっているのに長居して最終まで居座りましたよね。まあこれも所謂社会勉強の一つです。いい勉強代です。フレックスマイニングは前回暴騰時に引き出しを掛け届きませんでした。これに関しては運営にメールしましたが返事は来ずです。いずれにせよたまたまネットの処理が遅延して失敗した可能性があるので、報酬がたまったらもう一度引き出してみます。利益的には71パーセントの回収です。アンザコープのBCHは0.0062ロット掘れています。それで今後の予定は0.001ロットをシルハワーズペイに入れて4日に1度報酬をもらいそれを2~3回行い。出た報酬でフィリマイニングに0.005ロット入金してたまっているものを引き出すという形です。ドージの方はコインポットの方に6000枚程ストックしてあるものを、今回また新しい外国のユーチューバーからの案件で。サイトデザインが非常にきれいなXEDOGEと所謂スロット式のHOMEDOGEに3000枚づつ入れる予定です。わらしべは以上です。基軸運用につきましてはMK1がこの暴騰時にサイトリニューアルされ、通貨の種類が増えたのと1日の報酬が下がりました。これに関しては価格が高騰したので仕方がないことと、お客さんがこのタイミングで多く流れたことが原因だと思います。それで私はauのスマホにグーグルプレイから2段階認証のアプリを入れていますが、以前経験したことはこのアプリがバグったか仕様変更かスマホのセキュリィーが弱い事かで数字を入力しても使えなくなったことがあります。なのでアプリにコードを読ませる際復活の数字というものがありますので、それをかならず保存しておいて急な仕様変更にも対応できるようにお勧めいたします。それと使っていない時はログアウトした方が何かと都合がよいです。BTCが0.0812ロット、DGBが7154ロット、BTGが3.22ロットの保有です。MK2は月末参加予定です。MK3は依然と変わらずですがハッシュがまた取られて30284ハッシュです。MK4は月末参加予定です。このようにわらしべと違って取引所レベルの強い案件を最終的に5~7つ程保有して回したいと思っています。もし案件を持っている方がいたらどんどん出していただきたいと思います。自分でも見つけたら出せる範囲で出します。っで私はネットを始めた理由がブログに貼るグーグルアドセンスアフィリエイトから始めた人間で、その後物販アフィリをホームページを作ったりブログから紹介したりと、かなり熱心に記事を書いてきた人間です。でも結果は前にも言った通りに鳴かず飛ばすです。でその後方向転換しブログではイギリスのブックメーカーとオンラインカジノのスロットを専門に長年検証を続けてもうそれも終わった人間です。なので今回こういったわらしべの投資を見つけた時には、相当ブログのネタに使えるしこれは運よく獲物が振って来たなという感じでした。わらしべは自分的にはパチンコの代りとか、そういったスポーツ投資やカジノスロットのように趣味的な感じで見ています。でも世界中にはこの投資に1BTCとか賭ける人も居て愛され続けています。という感じですかね~まあ自分の場合は資金が少ないのでそれほど多く利益は出せないですが、無理なく趣味程度にやって長い事複利で回せたらなと思います。なので強い案件を持っている方はコメントやメッセージやSNS等でご紹介いただけると幸いです。それでは本日はここまでとさせていただきます。御清聴ありがとうございました。

オンラインカジノを理解するための10冊

こんにちは、
プロカジノギャンブラーの
ドラ太郎です。

いつもご覧頂きありがとうございます!

本日は動画更新のお知らせではなく、
オンラインカジノで稼いだ後の
税金についてのお話です。

少し難しく感じる方もいるかと
思いますが、
税金については少しでも理解を
深めて頂きたいので、

後で簡単に最低限の事を確認できる
資料をお作りしました。

無料でお配りしていますので、
見て頂き今後の税金対策に
活かして頂ければと思います。

※1受け取り方法
受け取り方法はこのブログの
最後に記載してますのでご確認
下さい☆

では本題に入ります。

1) 配当金の確定申告について
『オンラインカジノ』は
海外のサイトですが、マカオやシンガポール
・ラスベガス・オーストラリア・欧州など
本場ランドカジノで遊んだ場合と同じく、
日本での税金徴収の対象になります。
所得の種類としては、
競馬、競輪の配当と同じ、
『一時所得』になります。

『雑所得』としても申告可能です。
また、
オンラインカジノサイトは
勤務先の会社ではないので、
その年の1月1日~12月31日までの
勝ち金収入を自分で確定申告し、
税金をおさめる必要があります。
たとえば、
4月にオンラインカジノを始めたとして、
その年の12月31日までに
300万円勝ち金が出た場合は、
その300万円が
その年の確定申告の対象になります。

会社に勤務されている方であれば、
12月か来年の1月~2月の
確定申告ころまでに
会社から源泉徴収票をもらうので、
この源泉徴収票と一緒に自分で
税務署にて確定申告をしてください。
注意点として
確定申告書二面の
「給与所得者がその他の所得に
かかる住民税の徴収方法」の欄にて、
「普通徴収」にチェックを入れることです。
こうすると、
民税徴収書が自宅に届きます。
もし、
ここにチェックが入っていないと、
住民税徴収書が
勤務先の会社に届いてしまい、
最悪の場合オンラインカジノで
配当を得たことが会社に
バレてしまう可能性もあります。
2) 配当金にかかる税金額
以下は、課税額の計算式です。

計算方法
●所得税法第34条第2項
『一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)』

●所得税法第22条第2項第2号
『一時所得×1/2=所得税』
たとえば・・・
●11月24日↓
8万円ベットで20万円獲得
(利益12万円)
●12月1日↓
12万円ベットで4万円獲得
(損失8万円)
●12月3日↓10万円ベットで200万円獲得
(利益190万円)
●12月15日↓50万円ベットで20万円獲得
(損失30万円)
●12月24日↓100万円ベットで398万円獲得
(利益298万円)
上記の場合、
まず一時所得を算出していきます。
『一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)』
公式に当てはめると、
年間の利益にあたる「総収入-総支出」が
「(12万+190万+298万)-(8万+30万)」=462万円
という計算になりますが、
じつはギャンブルの場合
損失額を支出額として計算に入れることが
できません。
つまり、
「総収入-総支出」は
「12万+190万+298万」=500万円となります。
ですので、
『一時所得』は特別控除額の
50万円を差し引いた450万円です。
『一時所得×1/2=所得税』

そして、
一時所得の中から税金の対象となるのは、
450万円の半額・225万円と計算されます。

ちなみに、
オンラインカジノの勝ち金合計
(負けた金額を除く)が
50万円未満の場合は税金がかからない
ので確定申告する必要はありません。
( ※ 所得税法第34条第3項より )
このように、
一時所得は『一時所得×1/2=所得税』
で、わりだされた税金を、
ふだんの仕事で得た所得と合計して
税率計算し確定申告することになります。
3) 確定申告に必要なもの
1) 源泉徴収表(12月~翌年1月頃までに勤務先の会社からもらう)
2) 支払調書(12月~翌年1月頃までにオンラインカジノ側からもらう)
3) 経費の領収書やレシート(所得300万円以下は領収書・レシート必要なし)
上記2番目の「支払調書」については、
かけ金証拠書類としてパソコン上の
日々の収支明細を
プリントアウトすれば代用可能ですが、
自筆で記入したメモでも有効だと思います。
また、
カスタマーサービスに支払調書をくださいと、
申し出れば、
年間取引履歴をエクセル形式にして
送ってもらえるかもしれません。
4) 配当金の申告の現状
競馬、競輪、パチンコなどで、
50万円以上勝ってる人はたくさんいます。
ですが、
それを確定申告している人は
少ないかと思います。

これは、
配当金をそのまま現金で
受け取っているため、
税務署の捕捉を
まぬがれやすいからのようです。
しかし、
オンラインカジノの場合は、
小切手で換金するにしても、
銀行で送金を受け取るにしても
受け取った証拠が残るので、
納税義務が発生する場合は
納税した方が無難でしょう。
ただ、
ecoPayzのMasterデビットカードを使って
セブン銀行やゆうちょ銀行の
ATMで現金で引き出す場合は
証拠が残りません。

とりあえずですが、
50万円を超える利益が出た場合は、
あくまでも納税する義務はあることは
知っておきましょうね(^^♪
冒頭でお伝えしました、
『税金の資料の受け取り方』ですが
下記のLINEに登録後に、
『税金の資料』と一言メッセージを
送信してください。
【オンラインカジノ公式LINE】

【PCの方は下記ID検索】@wpq4179u
必要な方はお気軽に
メッセージを下さい(^^♪

では
本日はこれで終わりになります!
次回も宜しくお願いいたします♪

ついにオンラインカジノの時代が終わる

オンラインカジノ厳選ショップを探し倒そう!

●こうすれば必ず勝てるルーレット!!というタイトルで2013年12月4日(水)に書いたブログが以下の様な内容です。こうすれば、必ずルーレットで勝つ事が出来ます。まず、『スリ―ベースに於ける出目の特徴と対策』をよく理解されそこで双頭竜で1単位ずつを賭け、そのフォローでオンラインカジノソフト制作者から仕入れた裏技手法で赤・黒、賭けに案内に有る通り出目確率の度合いにより1単位か2単位賭けます。『この1単位は貴方の予算の中で0.1$でも1$でも又は1000円でも1万円でもOKです』そのスタイルで各手法の進め方通り賭ける単位を比例させゲームを進めます。そうする事によって、必ず利益が出るのです。一度試しにやってみてください。カジノ研究所人は何かと忙しいので大事なことを忘却したりします。忘れて欲しくないのは勝つ為の方法です。今回は商品購買者にささげる色あせる事の無いルーレットウィンメソッドでした。

変わらなきゃオンラインカジノ

何度か紹介していますAIZEN(アイゼンコイン)。詐欺的要素たっぷりの妖しいコインです。ICOは行わず、プレセールのみでHB walletと連動する分散型取引所のHB Wallt DEXに上場することが発表されました。上場予定日は3月18日。つい先日、「月刊仮想通貨」のLINE@から、こんな通知が届いています。AIzen(アイゼン)プロジェクトまたはコインが月間仮想通貨に掲載されるかのような事を動画・HPなどに発信し、ICOを進めているとの問い合わせが多数入りましたが、
月間仮想通貨にAIzenが掲載される事はありません
このような事態は弊社といたしましても誠に遺憾であり、悪意ある業者に対しては法的処置も検討しております。これは致命的!上場してもまたゴミになってしまうのか?と思っていたところ、AIZENからウォレット変更の連絡がありました。XAZはイーサリアムネットワーク上のトリニティウォレットからERC 20に移行されます。
移行は1ヶ月の期間にわたって行われ、我々は進歩であなたを更新します。ERC 20に準拠したウォレットが移行のために必要となります。
以下に示す3つのウォレットはERC 20に準拠していますが、自分自身でウォレットおよびイーサアドレスの準備をお願いいたします。そして、ホワイトペーパーとプロジェクトメンバーが発表されました。AIZEN(アイゼン)ホワイトペーパーはこちらしかし、なぜこのタイミングで発表なのでしょう?…隠しておく理由はなんだったのか?しかもホワイトペーパーを和訳して読みましたが、よく分からないし中身も薄い。プロジェクト代表小野寺悠氏は、過去の〇欺疑惑などよいウワサは聞いたことがありません。もうこれは上場してみなければ、どうなるかわかりませんね。現状では期待をできる状況にはありませんが、1%の望みは持っています。私はプレセール2期 1XAZ0.2円 6万円の投資なので、もし化ければ100万円超えもあるかも!99%ないか(笑)現在、購入したアイゼンコインは「Trinity E-wallet」トリニティウォレットに入っています。今後はMyEthに移すことになるのかな?AIZEN(アイゼン)プロジェクト ・スマートコントラクト宝くじコンテンツで決済通貨として利用
・オンラインカジノゲームでの利用
・1兆円の市場での一部決済通貨として利用 アイゼンと全く関係ありませんが、ノーリスクで稼げるかもしれない案件を3つご紹介しています。↓騙されたと思って一度ご覧下さい。話題のJOBcoinが2,000円分もらえる!必見 高額エアドロップ3種!

タグ

下北沢でオンラインカジノが流行っているらしいが

オンラインカジノバカ日誌11

AIZEN(アイゼン)に関わるブログ一覧はこちら怪しいコイン(笑) AIZEN(アイゼンコイン)の上場先が発表になりました。上場先はHB walletと連動する分散型取引所のHB Wallt DEX上場予定日は3月18日当初2019年5月の予定でしたが、十分な資金が調達できたのか、ICOを行わずその分上場が早まったということでしょうか?分散型取引所のメリットとしては、売りたい人、買いたい人が取引所の板にのっかり、取引所のサーバーを介さずに売買をするので、手数料が無く、ハッキングの恐れがほぼないが良いですね。ただ、ウォレットと連動して行うので、なんだか面倒で不安になってしまします。セントラリティーを購入した際、分散型取引所「singular x(シンギューラーX)」を利用しましたが、メタマスク連動でなんだかヒヤヒヤでした。HB ウォレットといえば、ETHウォレットの中でダウンロードアプリとしては日本で一番人気があります。そういったことで、日本人向けに使い勝手をよくしてくれることを願っています。AIZEN(アイゼン)のプロジェクト内用ですが ・スマートコントラクト宝くじコンテンツで決済通貨として利用開始
・オンラインカジノゲームでの利用開始
・1兆円の市場規模での一部決済通貨として利用開始 ですが何度も言いますがロードマップ、ホワイトペーパーが未だに発表されていません。結局縁故販売のみで終わり、ICOをしないということはホワイトペーパーは出さなくても良いということなのでしょうか?資金が十分の調達できたから上場させてゴール!なんてことも考えられます。そんなことでまだまだ、魅惑的であり詐欺的要素も入り混じったコインですが、日本のADAコインとも言われていますので期待したいと思います。現在、購入したアイゼンコインは「Trinity E-wallet」トリニティウォレットに入っています。HBウォレットと連動?ということになれば、このトリニティウォレットの意味は?そこも気になるところです。現在はプレセール4期で1XAZ=1円1月31日までです。運営側は、資金が十分にあるため買い支えを行い、はじめは10円を目標にマーケットメイクをしていくようです。おすすめ情報➀リスク無しのエアドロップ(5,000DGB)案件! 運用もできますので、興味がありましたら下記をご覧下さい。CIB登録方法はこちらから②話題「JOBcoin」が2,000円分もらえる案件!↓ぜひこちらもご覧下さい。「アービトラージ」の価格差がわかる無料ツール※アフェリ報酬を得るためにはもう1ステップ必要でした。すみませんがこちらをもう一度ご覧下さい。

オンラインカジノ ときめきとやすらぎをつなぐ

●こうすれば必ず勝てるルーレット!!というタイトルで2013年12月4日(水)に書いたブログが以下の様な内容です。こうすれば、必ずルーレットで勝つ事が出来ます。まず、『スリ―ベースに於ける出目の特徴と対策』をよく理解されそこで双頭竜で1単位ずつを賭け、そのフォローでオンラインカジノソフト制作者から仕入れた裏技手法で赤・黒、賭けに案内に有る通り出目確率の度合いにより1単位か2単位賭けます。『この1単位は貴方の予算の中で0.1$でも1$でも又は1000円でも1万円でもOKです』そのスタイルで各手法の進め方通り賭ける単位を比例させゲームを進めます。そうする事によって、必ず利益が出るのです。一度試しにやってみてください。カジノ研究所人は何かと忙しいので大事なことを忘却したりします。忘れて欲しくないのは勝つ為の方法です。今回は商品購買者にささげる色あせる事の無いルーレットウィンメソッドでした。

タグ

オンラインカジノのなかよしこよし

ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみにオンラインカジノは嫌いです

何かオンラインカジノてあるやん?

スマホやパソコンで出来るインカジやな。

インカジは店舗構えて換金やったりしてるから違法やねんけどオンラインカジノは外国のサーバー通して換金も外国からやから合法みたい…

ただ換金まで日にちがかかったり色々と面倒臭いねんな…

ほんでついこの前、暇やったからようけあるオンラインカジノのサイトの中から適当に選んで偽名使って登録してんやんかぁ…
ほんでビデオスロット回しててん…
ゲーム屋でポン中がいっしゅくハマってるあれね…

ほな何かわからんけど当たりまくってみるみるうちに240万ぐらいになってん…

これってマジで換金でけるんかなぁ…

とりあえず200万を出金申請出してんけどね…

最近なついてきてる下の者がそういうのに詳しいらしく後はそいつにやってもらうことにした…
無事金が降りたらきれいに折半やな…

でも何かスムーズにいかへんような気がするねん…

こういうのでスムーズにうまくいった試しがない。

もしうまく金が降りたら100万かぁ…

普通の者からしたら大金やで…
そりゃテンションも上がるがな…
ま、でも俺のことやからどうせテンション上げられるだけ上げられて結局何や色々理由つけられて1円ももらわれへんていうオチが待ってんやろな…

ではでは…

オンラインカジノ わたしの顔が会社の顔です

AIZEN(アイゼンコイン)がピンチです!私も愛読している「月刊仮想通貨」のLINE@から、こんな通知が届きました。前にも全く同じような案内が届きました。そうですWithCoin(ウィズコイン)です。仮想通貨系Youtuberを通じて、月刊仮想通貨掲載の他、カジノ提携などの大法螺を吹かされました。ウィズコインはこの後上場したもの、すぐに無価値のコインになってしまいました。私ものWithもMyEthにいまだ眠った状態です。そのWithCoinと同じような扱いを、アイゼンコインが受けたとすると信用されていないと思うしかありません。アイゼンは先日、HB walletと連動する分散型取引所のHB Wallt DEXに上場することが発表されました。上場予定日は3月18日。果たしてWithCoinと同じ運命をたどってしまうのでしょうか?いやいや、私はまだまだあきらめないで信じていますよ!
怪しい要素は山ほどあります。ロードマップ、ホワイトペーパーの未公開プロジェクト代表小野寺悠氏の過去の〇欺疑惑などなど日本のADAコインとも言う人もいますが、それ以上に怪しいよう素が多いのでADAを超える⁉かもよ(笑)私はプレセール2期 1XAZ0.2円 6万円の投資なので、もし化ければ100万円超えもあるかも!現在、購入したアイゼンコインは「Trinity E-wallet」トリニティウォレットに入っています。AIZEN(アイゼン)プロジェクト ・スマートコントラクト宝くじコンテンツで決済通貨として利用開始
・オンラインカジノゲームでの利用開始
・1兆円の市場規模での一部決済通貨として利用開始

タグ