「そうだ、京都行こう」と思ったときに試してみたい5つのオンラインカジノ

こんにちは、
プロカジノギャンブラーの
ドラ太郎です。

いつもご覧頂きありがとうございます!

本日は動画更新のお知らせではなく、
オンラインカジノで稼いだ後の
税金についてのお話です。

少し難しく感じる方もいるかと
思いますが、
税金については少しでも理解を
深めて頂きたいので、

後で簡単に最低限の事を確認できる
資料をお作りしました。

無料でお配りしていますので、
見て頂き今後の税金対策に
活かして頂ければと思います。

※1受け取り方法
受け取り方法はこのブログの
最後に記載してますのでご確認
下さい☆

では本題に入ります。

1) 配当金の確定申告について
『オンラインカジノ』は
海外のサイトですが、マカオやシンガポール
・ラスベガス・オーストラリア・欧州など
本場ランドカジノで遊んだ場合と同じく、
日本での税金徴収の対象になります。
所得の種類としては、
競馬、競輪の配当と同じ、
『一時所得』になります。

『雑所得』としても申告可能です。
また、
オンラインカジノサイトは
勤務先の会社ではないので、
その年の1月1日~12月31日までの
勝ち金収入を自分で確定申告し、
税金をおさめる必要があります。
たとえば、
4月にオンラインカジノを始めたとして、
その年の12月31日までに
300万円勝ち金が出た場合は、
その300万円が
その年の確定申告の対象になります。

会社に勤務されている方であれば、
12月か来年の1月~2月の
確定申告ころまでに
会社から源泉徴収票をもらうので、
この源泉徴収票と一緒に自分で
税務署にて確定申告をしてください。
注意点として
確定申告書二面の
「給与所得者がその他の所得に
かかる住民税の徴収方法」の欄にて、
「普通徴収」にチェックを入れることです。
こうすると、
民税徴収書が自宅に届きます。
もし、
ここにチェックが入っていないと、
住民税徴収書が
勤務先の会社に届いてしまい、
最悪の場合オンラインカジノで
配当を得たことが会社に
バレてしまう可能性もあります。
2) 配当金にかかる税金額
以下は、課税額の計算式です。

計算方法
●所得税法第34条第2項
『一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)』

●所得税法第22条第2項第2号
『一時所得×1/2=所得税』
たとえば・・・
●11月24日↓
8万円ベットで20万円獲得
(利益12万円)
●12月1日↓
12万円ベットで4万円獲得
(損失8万円)
●12月3日↓10万円ベットで200万円獲得
(利益190万円)
●12月15日↓50万円ベットで20万円獲得
(損失30万円)
●12月24日↓100万円ベットで398万円獲得
(利益298万円)
上記の場合、
まず一時所得を算出していきます。
『一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)』
公式に当てはめると、
年間の利益にあたる「総収入-総支出」が
「(12万+190万+298万)-(8万+30万)」=462万円
という計算になりますが、
じつはギャンブルの場合
損失額を支出額として計算に入れることが
できません。
つまり、
「総収入-総支出」は
「12万+190万+298万」=500万円となります。
ですので、
『一時所得』は特別控除額の
50万円を差し引いた450万円です。
『一時所得×1/2=所得税』

そして、
一時所得の中から税金の対象となるのは、
450万円の半額・225万円と計算されます。

ちなみに、
オンラインカジノの勝ち金合計
(負けた金額を除く)が
50万円未満の場合は税金がかからない
ので確定申告する必要はありません。
( ※ 所得税法第34条第3項より )
このように、
一時所得は『一時所得×1/2=所得税』
で、わりだされた税金を、
ふだんの仕事で得た所得と合計して
税率計算し確定申告することになります。
3) 確定申告に必要なもの
1) 源泉徴収表(12月~翌年1月頃までに勤務先の会社からもらう)
2) 支払調書(12月~翌年1月頃までにオンラインカジノ側からもらう)
3) 経費の領収書やレシート(所得300万円以下は領収書・レシート必要なし)
上記2番目の「支払調書」については、
かけ金証拠書類としてパソコン上の
日々の収支明細を
プリントアウトすれば代用可能ですが、
自筆で記入したメモでも有効だと思います。
また、
カスタマーサービスに支払調書をくださいと、
申し出れば、
年間取引履歴をエクセル形式にして
送ってもらえるかもしれません。
4) 配当金の申告の現状
競馬、競輪、パチンコなどで、
50万円以上勝ってる人はたくさんいます。
ですが、
それを確定申告している人は
少ないかと思います。

これは、
配当金をそのまま現金で
受け取っているため、
税務署の捕捉を
まぬがれやすいからのようです。
しかし、
オンラインカジノの場合は、
小切手で換金するにしても、
銀行で送金を受け取るにしても
受け取った証拠が残るので、
納税義務が発生する場合は
納税した方が無難でしょう。
ただ、
ecoPayzのMasterデビットカードを使って
セブン銀行やゆうちょ銀行の
ATMで現金で引き出す場合は
証拠が残りません。

とりあえずですが、
50万円を超える利益が出た場合は、
あくまでも納税する義務はあることは
知っておきましょうね(^^♪
冒頭でお伝えしました、
『税金の資料の受け取り方』ですが
下記のLINEに登録後に、
『税金の資料』と一言メッセージを
送信してください。
【オンラインカジノ公式LINE】

【PCの方は下記ID検索】@wpq4179u
必要な方はお気軽に
メッセージを下さい(^^♪

では
本日はこれで終わりになります!
次回も宜しくお願いいたします♪

もしものときのためのオンラインカジノ8選

こんにちはジュンです。^_^

前回は初心者向けルーレットの必勝法について書きましたが、
今回は上級者向けルーレットの必勝法についてみなさんに伝授したいと思います。
少し長い文章になりますが、しっかり目を通したら今後の人生が大きく変わるでしょう。
前回は初心者向けでしたが今回の上級者向け用とうまく組み合わせて試してみてください。
これをやれば、簡単にお金を稼ぐことができ、パチンコに通って小さなお金で喜ぶことがなくなりもっとビッグなサラリーマンや大富豪になることが
できるでしょう。
逆にこれをやらなければ上司に怒られる事が増え、仕事もうまくいかなくなるでしょう。

ウィール(ルーレットの盤)の物理的な癖を観察し、球の落ちやすいところに賭けるという戦略がある。上級者向け。オンラインのライブゲームでは、ボタン一つで賭けることができる機能がある。
Voisins du zero
Voisins に該当するすべての数字(22、18、29、7、28、12、35、3、26、0、32、15、19、4、21、2、25)のすべてに置く賭け方。すべての数字に対する割合は17/37で、9 枚のチップを使います。
4/7、12/15、18/21、19/22、32/35にそれぞれ 1 枚スプリットベット、0/2/3 (ストリートベット) に 2 枚のチップ、25-29 に 2 枚のチップ (コーナーベット)を置きます。

4, 7, 12, 15, 1, 19, 21, 22, 32, 35:17 ユニット (17:1) + 1 チップ:17 + 1 – 9 =利益9 チップ(払い戻し18チップ)
0, 2, 3: 22ユニット (11:1) + 2 チップ:22 + 2 – 9 = 利益15 チップ(払い戻し24チップ)
25, 26, 28, 29: 16 ユニット (8:1) + 2 チップ: 16 + 2 – 9 = 9 チップ(払い戻し18チップ)Tier du Cylindre6 枚のチップを使って27, 13, 36, 11, 30, 8, 23, 10, 5, 24, 16, 33 にベットします。

チップをスプリットで 5/8, 10/11, 13/16, 23/24, 27/30, 33/36 に1枚ずつ置きます。
このベットの純利益は 17 + 1 – 6 = 12 チップ(払い戻し18チップ)。したがって配当は 12:6 または 2:1 です。
Orphelins17、34、6、1、20、14、31、9 の8つの数字にベットする賭け方。

5 枚のチップを使い、1にストレートを1枚、スプリットベットを6/9, 14/17, 17/20, 31/34 に1 枚ずつ賭けます。

17 は2つのスプリットベット(14/17 と 17/20) にかかっています。

したがって、勝ちの数字が以下の場合1:35 チップ (35:1) + 1 チップ:35 + 1 – 5 = 31 チップ(払い戻し36チップ)

6, 9, 14, 20, 31, 34:17 チップ (17:1) + 1 チップ:17 + 1 – 5 = 13 チップ(払い戻し18チップ)
17:34 チップ (17:1) + 2 チップ:34 + 2 – 5 = 31 チップ(払い戻し36チップ)
ネイバーある数字とその左右両隣の数字5つに賭けるベット。5枚のチップを賭けます。

たとえば、「8 のネイバー」だと、プレーヤーが11-30-8-23-10の 5 枚連続の数字 (8 が中心) にベットを置くことを意味します。
利益は 35 + 1 – 5 = 31 チップ(払い戻し36チップ)
ファイナルベット下桁が同じ数字にベットします。たとえば、「ファイナル 5」 は、5, 15, 25, 35 へのベットを意味します。
0、1、2、3、4、5、6が下ひと桁として選択されているとき、このベットは4つのチップを設定します。各数字の1チップはストレートベットにあたる。
いずれかの数字が当たると、その数字に対する通常のストレートベットの賞金を勝ち取ります。したがって利益は 35 + 1 – 4 = 32 チップ(払い戻し36チップ)。

ただし下一桁として7、8、9を選択した場合、ベットには3チップ設定されます。1チップはストレートベット。

したがってこの場合の利益は 35 + 1 – 3 = 33 チップ(払い戻し36)。
記憶機能・・・一見複雑ですが、オンラインカジノのテーブルではワンクリックでこういった賭け方が出来たり、賭け方を組み合わせて記憶させる機能も付いています。
攻略法は、確率と偏りルーレット攻略の基本は「確率期待値」。だが、落とし穴もある。
ソフトゲームでは、出目を制御する乱数プログラム(ランダムナンバージェネレーター)が使われ、

一定期間で出目を平均化させるように、設計されている。たとえば3回、4回と続けて同じカラム・ダズンに出目が集中すれば、次は別の集団の数字に落ちる「確率期待値」が高くなると、プレーヤーは考える。

ここから導き出されるのが、落ちた数字とは別の数字に賭ける「逆張り」戦術。具体的には、たとえば黒が5回続いたら赤に賭けて外れたら負けを取り返すために賭け金を倍以上にして再度賭ける。

皆が皆、その賭け方で勝たれてしまったのでは、カジノは破たんする。
乱数プログラムは短期で確率を収束させるようには、出来ていない(プレーヤーは逆に、ドツボにハマる)連続で黒に賭けてるとき、ありえねぇ回数で赤が続くかもしれない。
100回続けて赤が出ようが、次に黒が出てくる確率は常に同じなのだ。
しかしそんなことを言ってたのでは、こんどは賭けの根拠付けが出来なくなる。
結局は、確率の推測。出目の波を見分けながら、時々戦略を切り替えて、ランダムに賭ける。

カジノ側がランダム制御でくるなら、プレーヤー側もランダムに攻める必要がある。
リスクをかけずに出目傾向を観察するには、ライブゲームや、チップを置かずに空スピン出来るゲーム(プレイテック、iSoftBet、マイクロゲーミングのゴールドシリーズなど)があります。
このように少し難しいですが、まずはオンラインカジノなどで少しずつ試し、練習してから本場のカジノに行ってみましょう!

本気の人なら確実に勝てます。

タグ